Men's watching
 
メンズウォッチング
Top
男の裸が見られる映画
  
 ■メンズウォッチング・データー 男の裸が見られる作品の数々
AVではなく一般映画で男の裸が見える興味深い作品をピックアップしました。自由掲示板あります。このサイトはリンクフリーです。 
 【お知らせ】一般作品とR-18(アダルト)作品とで販売が分かれているモノは、こちら(男の裸が見られる映画)でもサイトを分けました。今、ご覧になっているサイトは一般作品です。R-18(アダルト)作品のサイトは、「男の裸が見られる映画セカンド」で検索してください。よろしくお願いいたします。記 管理人fanta 2022年5月
 
 ●お知らせ・2023年9月
 ページが大きくなったので、PART3に分けました。最下部にリンクあります。
 
2024年2月24日 
■■ 映画コラム ■■ 
(裸にこだわりません) 
 【広告】
エゴイスト(豪華版)(限定スリーブケース仕様)(Blu-ray Disc+DVD) (ブルーレイディスク)
DMM TV  エゴイスト
エゴイスト
2023年製作/120分/R15+/日本
Egoist
監督:松永大司
出演:鈴木亮平、宮沢氷魚、柄本明、阿川佐和子

●「ゲイの映画」でも「愛の映画」でもないといった公式文面をどこかで見た記憶があります。つまりこの映画は「エゴイスト」の映画であるということら・し・い。

始めに申し上げます。筆者にはこの作品のシーンの一部である「金を出す」「執着する」「都合のいい方にもっていく」ってなところにこじつけないと「エゴイスト」は感じられません。
言い換えれば、この作品の作り手が訴えかけるモノがエゴイストであろうが何であろうが筆者には伝わってきてはいません。したがって、この映画のテーマは何なのか筆者は把握できていません。

が、演者それぞれ魅力があるのと中盤でガラッと話が変わるので、2時間見ていられました。

●男の裸を申しておきましょう。裸のカット、シーンは豊富にあります。ただしフィックス(固定)で全身を写したカットは皆無のはず。商売考えれば、

続きを読む

   
 【広告】
DVD
 DMM TV
オオカミ狩り

2022年製作/121分/R15+/韓国
PROJECT WOLF HUNTING
監督:キム・ホンソン
出演:ソ・イングク、チャン・ドンユン

まあ、なんと言うか、筆者にしてみれば、映画作品としては限りなくC級に近いB級映画です。ただし、ネット上の感想にあるように「スプラッター(血ふぶき・残酷描写等)映画としては一流」という意見には同意ですね。
とにかく前半の犯罪者対警察、後半の「怪人」の暴れっぷり、これらは半端なく、良く出来てます。とにかく殺す殺すのオンパレードで、それを楽しめる人にとっては優秀作品と言えます。一方「この映画に高得点を付ける人とは友達になれない」という意見にも同意ですね。

男の裸行きましょう。警察側上層部の管理職(と思われる)青年が全裸で立ち姿、それを膝をついた別の全裸青年がフェラをしているシーン。フェラ中に立っている全裸青年がフェラ全裸青年の頭を砕き殺す。こんなシーン、初めて見ましたわ。

続きを読む


 【広告】
「ブルーラグーン ~恋の目覚め~」レンタル
『青い珊瑚礁』関連4作品



1980年の映画『青い珊瑚礁』を中心に、1949年の『青い珊瑚礁』、1980年作品の続編、リニューアル作品、関連作品について解説しています。

続きを読む



 【広告】
DVD
雨に叫べば

2021年/日本/1時間41分
監督:内田英治
出演:松本まりか、大山真絵子、高橋和也、須賀健太

『ミッドナイトスワン』の内田英治監督が1980年代後半の映画製作現場の舞台裏を描いた人間ドラマ。1988年、とあるスタジオ。まだ男尊女卑やパワハラの匂いが残る時代。女監督の花子は、エロ映画を撮影することになり…。dmm.com解説より

まあ佳作ですね。この佳作基準から楽しめるかどうかは人に拠ります。筆者は楽しめた。yahoo!レビューの総合点は、2.6点(5点満点で)と低評価。そもそも劇場公開ではなく、21年に配信で初公開とのことで見てる人がたいへん少ない。

先に「男の裸」言っておきましょう。劇中内で繰り広がれる映画製作。映画初出演のアイドル男優がいかに濡れ場を演じるかが注目される。

続きを読む


 【広告】
DMM TV
DVD
ブルーレイ
ビリーバーズ

2022年/日本/1時間58分
監督:城定秀夫
出演:磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平

・カルト的団体に所属するふたりの男とひとりの女は、無人島で修行生活を送っていた。だがある日、ふとしたことから3人の本能と欲望が暴かれ…。(DMM.COM解説より)

まず「男の裸」行きましょうか。中盤に島にたどり着いたヤンキー数人(話はすぐ終わる)、終盤に教団員と警察の大人数乱闘シーン等あるが、話のほとんどは無人島で修行(?)する男2人女1人で進行する。

全編の3分の1ぐらいは、着衣もしくは全裸のエロシーン。ネット評価では「磯村勇斗は良く頑張った」など言われていて、まあその通りで磯村勇斗の全裸シーンは相当な分数描写されている。

続きを読む


カイジ 動物世界 DVD
 【広告】
カイジ 動物世界

2018年/中国/2時間12分
監督:ハン・イエン
出演:リー・イーフォン、マイケル・ダグラス、チョウ・ドンユィ

まず気になったのは、筆者はこの作品をwowowで放送されるまで知らなかった。公開時には中国で大ヒットしたということだし、当時、日本でも劇場公開されている。実際日本でどの程度の興行成績だったかは定かでは無いが、この作品についてのYahoo!映画評の投稿者は極端に少ない。

通常、日本公開作は数百人のYahoo!映画評投稿者になるが、「カイジ 動物世界」は十人程度。実際に日本で見た人は少ないと推測します。


作品自体は悪くないです。邦画の「カイジシリーズ」は、藤原竜也の絶叫演技が特徴的な人気シリーズ。この中国製作版は原作から直接中国側が映画化したようで、邦画のシリーズとは繋がりはない。脚本には原作者の福本伸行が参加している。
続きを読む

 性の劇薬   (成人指定されていません)
2020年/日本/1時間29分
性の劇薬  【広告】
性の劇薬
配信

監督: 城定秀夫
出演: 北代高士、渡邊将
ジャンル:ハードBL

●筆者(fanta)はこの作品を拝見していません。情報は前々から掴んでおりましたが、今後WOWOWで放送されることは希望薄なので、予告編等の映像から判断し、発表することにします。

●解説
『劇場版 屍囚獄』シリーズなどの城定秀夫が監督を務め、水田ゆきのBL漫画を映画化。主人公がマンションの一室に監禁され、謎の男性に調教される。過激なベッドシーンに挑むのは、ミュージカル「テニスの王子様」などの北代高士と『カイジ ファイナルゲーム』などの渡邊将。長野こうへい、階戸瑠李、千葉誠樹、山本宗介、守屋文雄らが共演する。シネマトゥデイ (外部リンク)

●あらすじ
「俺のせいで、すべてが無くなった…」 完璧な人生から転落したエリートサラリーマンの桂木は、絶望のさなか酔った勢いで飛び降り自殺をはかる。 「捨てるなら…その命、俺に寄こせ!」 突然現れた謎の男・余田に助けられるのだが、それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりだった…(DMM.com解説より)

●本編を見ないで判断するのは恐縮ですが、予告編やスチール写真を見る限り裸の描写はそこそこありますが、全身の裸は見られません。調教シーンが見どころになっていると推測されます。

●DMM.comで、ストリーミング動画配信をしています。

(予告編から)裸度数★★


 【広告】
流浪の月・DMM TV

流浪の月 DVD
スタンダード・
エディション
流浪の月

2022年/日本/2時間30分
監督:李相日
出演:広瀬すず、松坂桃李、横浜流星

まあ簡単に言えば「ロリコン青年」と過去にその青年と過ごした少女が大人になって再会する話です。が、簡単ではないのはロリコンと言われながら性的な情愛が一切ない青年と、大人になった少女が、その青年を慕い、ストーカーになってるというところ。

こう書くと「一体どういう話だ?」と思いますが、原作が良いのか、この映画を監督・脚本の李相日は充分引き込まれる作品に仕上げてる。

『怒り』(16年)にしろ『悪人』(10年)にしろ李相日はいい映画を作るね。原作のお陰というのも大きいが。

さて『流浪の月』(22年)ですが、筆者の評価は、まあ甘目で「秀作」といったところでしょうか。ネット上の評価は大変高い。引っかかるのは、性愛が絡まない「ロリコン」は有り得るのか?ということだが、

続きを読む


 【広告】
泣く子はいねぇが
DVD
泣く子はいねぇが

2020年/日本/1時間48分
監督:佐藤快磨
出演:仲野太賀、吉岡里帆、余貴美子、柳葉敏郎

まず、この作品に対する筆者の評価は大変低いです。が、男の裸は確実にあるし、各メディアで評価はバラバラなので、個人的評価は避け、裸情報を含め、客観的データーを書くことにします。

男の裸ですが、当作品、始め16分頃、主演、仲野太賀が全裸で街を放蕩する姿が2分強、写される。基本は後姿で全身全裸。初めは引きの絵でスタイルの良さが分かる。前部も写ってるがこのショットは手前の物体にピントが当たり、裸自体はボケ気味、全身全裸だが前部分はハッキリとは分からない。海辺(?)で後姿全裸で倒れてシーンは終わる。

上記の裸のシーンのみ個人的に論評させてください。この裸のシーンはストーリーをご覧いただくとお分かりのようにこの作品の核になる出来事で、


続きを読む


 【広告】
逆光
DMM TV
逆光

2021年/日本/1時間4分
監督:須藤蓮
出演:須藤蓮、中崎敏、富山えり子、木越明

 秀作ですね。グッとくる感動作と言い換えてもいい。実は、半年ほど前に筆者はこの作品をwowowから録画しておいて、超早送りで全編を見て「登場人物の脱ぎは無い」と判断し、放置していたんです。24才の若輩俳優が監督主演した中編映画に全く期待していなかった。ハッキリ言って馬鹿にしてましたね。

 先日「一応しっかり見ておくか」と思い、腰据えて鑑賞したところ「これは…」と思いましたわ。昨今のチャラチャラした恋愛邦画が多い中、この作品は、1段、2段、違います。確実に上を行ってる。あえて欠点を言えば、

続きを読む


 【広告】
 母さんがどんなに
僕を嫌いでも
DMM TV
DVD
母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018年/日本/1時間44分
監督:御法川修
出演:仲野太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也

母親から児童虐待を受けて育った青年が、周囲の情けも借りて現在の母親と対峙する物語。

主人公の青年、役名・歌川タイジ(演・太賀、現芸名・仲野太賀)の「歌川たいじ」という名前にどうも見覚えがあるなと思ったら、以前からゲイを公表し、情報サイト「All About」などでゲイ情報を発信している歌川たいじさんでしたわ。

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、2013年に歌川たいじ氏が発表したコミックエッセイ、さらに2018年に小説化されたものの映画化。筆者はノンフェクションものと思い込んで鑑賞していたが、

続きを読む


そこにいた男

2020年/日本/34分
監督:片山慎三
出演:安井秀和、清瀬 やえこ、中村映里子

 当「映画コラム」としては久々の男の全裸です。

「そこにいた男」はサスペンスとされているが、分類上そうなっているだけで、正確に言えば「男女愛憎殺人事件再現映画」でしょう。それが短編ながらもしっかり立っているのは、なにはともあれ男を演じた安井秀和の熱演ですね。

全裸の状態で腹を包丁で刺され、血を流しながらのたうち外へ逃げようとする。刺されてから3分ほどあるシーン。他の映画で刺されるシーンはよくあるが、普通すぐうずくまってしまうとか、カットが変わって別視点になるとかで、ここまで全裸で長い描写は初めて見ました。これだけでもこの作品の評価は高い。
続きを読む


 
  
 ■男性写真集 【広告】
 
■TOP最新情報・前   '22年以降提供情報
  このページです
 
■TOP最新情報・後
 
 Part2
 
 Part3    
 
■情報09年~ '09年度~提供情報
 
■情報08年 '08年度提供情報
 
■00-10年代
 
■90年代
 
■80年代以前
 
●個人輸入・リージョンコードについて
 
■ファンタサイケダイアリー
  
 ■TOP最新情報・後を見る

●リンク
 
このサイトの内容を無断転用することはできません。 Copyright(C) 2007-2022 fanta minamishima All rights reserved





inserted by 2nt system